So-net無料ブログ作成

『シネマ・バロック Cinema Baroque』 成田尚哉Narita Naoya collage展』に行った。 [パレットクラブ]

7月2日(土)(2016年6月27日~7月2日)個展『シネマ・バロック Cinema Baroque』 成田尚哉Narita Naoya collage展』を銀座のギャラリー: Y’s ARTSに見に行った。エレベーターがギャグのように乗り降りがなかなか難しいレトロなビルである。もと同潤会のアパートで趣があることこの上ない。

《元同潤会アパートの個展会場-窓がレトロだ》

DSC08968.JPG


成田尚哉は、大学時代の美術クラブ(パレットクラブ)の友人である。学生時代は、絵を描くより、一緒に吉祥寺あたりで飲んだくれていた方が多かった。自分は、遊び過ぎて留年し大学卒業が昭和51年と彼より1年遅れオイルショックのあとの就職氷河期に遭遇した。辛酸をなめ1年経た転職直後、現代美術家協会主催の公募展に挑戦し入選した。世の中、意外とフェアだなと感じた。自分の油絵が同会の団体展の会場上野の東京都美術館に展示され、学生時代所属していた美術クラブの仲間や転職先の同期などに案内したが、家族以外は成田と会社の同期で今も付き合いのあるH谷川徹など、来てくれたのはわずかだった記憶が残っている。成田尚哉は大学を卒業直後、日活に入社し、映画プロデューサーとして当時は画期的だった漫画に題材を取った「嗚呼! 花の応援団」を大ヒットさせ、「桃尻娘」、「1999年の夏休み」、「櫻の園」「ヌードの夜」・・・・相次いでヒット作を連発していた。その後、時が過ぎ、テレビのサスペンスドラマなど制作していたころもあったが、ここのところ「ひぐらしのなく頃に」などの後、「海を感じるとき」、瀬戸内寂聴の「花芯」など制作、プロデューサー成田尚哉はまだまだ健在である。
今回のコラージュ展の作品は、前記「海を感じるとき」で大層苦労し、無聊をかこった時に制作に勤しんだようである。
成田は、その苦心した「海を感じるとき」で2014年SARVH賞(年間最優秀プロデューサー賞)を受賞した。

《成田尚哉氏(右)と私》

DSC08976.JPG


《コラージュ展を見に来た呑み友東海裕氏(右)と成田尚哉氏》

DSC08974.JPG


《作品-コラージュ》

DSC08970.JPG



DSC08971.JPG


DSC08978.JPG


DSC08969.JPG


【関連記事】
■うだるような暑さの中、YUJIの個展に行った 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-07-28

◆成田尚哉 Collage展 シネマバロック 〜Moonlight Theatre〜2018年7月20日(金)〜7月28日(土)に行ってみた 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-07-21

◆成田尚哉Narita naoyaのCollage展『バロック26・Baroque26』に行った~2019年9月27日(金)~10月5日(土)
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-09-27

◆静謐な雰囲気漂う「わかえだ会 三人展 10月25日~27日」に行ってみた。~YUJI出品
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-10-26