So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今年は波乱の年になりそうな予感~2020年 [News]

毎年恒例で宿泊するパークハイアット東京では、令和二年元旦、早朝のニューヨークグリル(52階)から初日の出は無事見られた。といっても、当初雲に隠れダメかとあきらめかけていたが、ようやく7時を過ぎたころ雲の上から日の出が顔を出した感じ。
昨年末から風邪気味で、ホテルに海水パンツを持参したが、プールで泳ぐどころの話ではなかった。
そして帰宅した翌朝3日、おせちで一杯しようとした矢先、家人が体調不良で意識不明になり、救急車に初乗りと相成った。幸いさしたることはなく帰還したが、くだんの初日の出のごとく波乱の予感がする年初となった。

《初日の出》

DSC_0138-GG.JPG


DSC_0146-G.JPG



《初富士》
波乱といっても、初富士は無事に見られた。

DSC_0155.JPG




【関連記事】
◆PARK HYATT TOKYO New York Bar(52階) から初日の出を寿ぐ~2013年元旦 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2013-01-01

◆2015年元旦~今年は残念-PARK HYATT TOKYO から新年を寿ぐ 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2015-01-02

◆2016年元旦PARK HYATT TOKYO New York Bar(52階) から初日の出&初富士
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-01-02

◆ 今年は何やら良い年になりそうな予感~2017年新春を寿ぐ 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-02
◆2018年、今年こそ良い年になりそうな予感~パークハイアットで新年を寿ぐ
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2018-01-03

"大切な人"~誰にでも、大切な人がいる… [素人絵画の世界]

数年前友人のKさんと千葉県茂原でゴルフをやった帰り、彼は何を思ったか笠森観音(笠森寺)に自分を連れていった。霊木の子授楠を奥さんがくぐったところ、女の子を授かったと懐かしそうに話していた。

《霊木の子授楠》
穴の向こうに観音様が....

DSC08779.JPG




笠森観音(笠森寺) :千葉県長生郡長南町笠森302
宗派:天台宗
本尊:十一面観世音菩薩
創建年:延暦3年(784年)
開基:最澄(さいちょう=伝教大師)
霊場:坂東三十三観音霊場第31番札所


Kさんとは、独身の頃よく一緒に酒を呑んだ。いつも呑んだくれ、当時勤め人が一人もいないという彼のW大時代の友人宅に泊まるなんてこともしばしばあった。
そのころの彼は、真夏は風呂に入っていないので悪臭を放っていたが、結婚したら見違えるように、身ぎれいな人になった。
二人とも60歳を過ぎて彼の住む千葉でゴルフなど嗜むようになり、帰りしなに、お宅に立ち寄ると、彼の身ぎれいの要因となった奥様にここ数年お会いするのが恒例になった。今年5月は、一泊して翌日富津観光に行った。体調の思わしくない妻を気遣い、互いに慈しみあう友人夫婦の後ろ姿を眺めて突然、千葉の自然を盛り込みながら「大切な人」という作品の想を練ったのが、以下の絵である。

《大切な人》
富津の空にのこぎり山の地獄覗きなどミックスして描いた。遠い海の彼方から潮騒の音楽が聞こえる。

DSC06861.JPG



素人絵画の世界への入り口
◆「幼女」を描いてみた。
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-10-31

忘年会の「N子さんを見る会」の招待者リストデータを完全削除と強弁! [青春会]

青春会は、2019年12月19日(木)に亡年会を都内某所居酒屋で催した。その際、一説にはファンが20万人いるともいわれ、嘗て元池袋の高級スナック天国に所属し、現在クリーニング店(店主)として辣腕を振るうN子さんが出席するため、「N子さんを見る会」と名を打ち大忘年会を挙行したようである。招かれたのは青春会正会員および同会員の選挙区の支持者、支援者、いかがわしい方達で一説には1000名を超えたと報道されていた。しかし、「N子さんを見る会」が青春会の莫大な予算が投入されているのではとの疑惑をかわすため、名簿を急ぎシュレッダーにかけようとしたが、順番待ちするまでもなく同会は設備として保持していないため、手動でゴミ箱に廃棄したようである。さらに、電磁データについては、これを完全消去するには、消してはいけないデータを退避しなくてはいけないし、専用ソフトが必要なので手間と費用がかかるため、デリートしただけのようである。同会執行部は野党の追及には「データは完全削除した」の一点張りで強硬突破する見込みである。

《「N子さんを見る会」はなかった?》
青春会公表の会員数名のみしか写っていないただの忘年会写真である。1000名を超す支持者・支援者、いかがわしい方達を削除したもようである。
「見られる」はずのN子さんも交えて愉しい宴会は続くが、N子さんだれも見ていないか?ウーム……

DSC06826.JPG


DSC06844.JPG



DSC06831.JPG


DSC06841.JPG


DSC06845.JPG



※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません 

久方ぶりの京都法要2019 永観堂ほか紅葉を巡る旅 [古都]

2019年12月6日東本願寺大谷廟に法要で久方ぶりに(2016年11月以来)お参りした。

《東本願寺大谷廟》
観光地ではないが、ガイドブックにでも載っているのか、外人さんが結構来ている。

DSC06675.JPG



<京都 終わりかけの紅葉の季節>
《哲学の道》
DSC06683.JPG


DSC06682.JPG



《永観堂》

DSC06703.JPG


DSC06716.JPG


DSC06734.JPG


DSC06751.JPG


《将軍塚 青龍殿》
京都を一望

DSC06773.JPG


DSC06783.JPG


《金戒 光明寺》
開山・宗祖は法然上人 (1133~1212・鎌倉時代)

DSC06781.JPG


《パークハイアット京都》
2019年10月末オープンの新しいホテルに泊まってみた。細かい点はまだ行き届いていないが、これは客がどれだけ気付いたことを言ってやるか、どれだけホテル側が受け取り、こなしていくかにかかっているだろう。来年も行く計画があるので、楽しみである。ロケーションは高台寺裏で申し分ない。

_20191207_064156 (002).jpg


DSC06761 -G.jpg



DSC06757.JPG




浦和彩光舎第15回サムホール展に出品してみた [素人絵画の世界]

2019年12月1日(日)~12月14日(土)まで、浦和ギャラリー彩光舎主催の第15回サムホール展に小品(22.7×15.8cm)1枚(不透明水彩)を出品した。そのオープニングパーティーの12月1日(日)に行ってみた。
(注)サムホールは箱の底の穴に親指(サム)を入れて持つことからこの名があるそうで、このスケッチ板のサイズから転じたのが由来。

20191201サムホール展オープニング_20191201_0001.jpg


《オープニングパーティーの様子》
会場には100を超える作品が並んでいる。お会いできるかと期待していた11月の絵画展(個展)で知り合った方たちの姿は無かったが、老人から家族連れなど、絵を出品している人達は誠に穏やかな方ばかりであった。
アットホームなオープニングパーティーで、皆さんは自作を丁寧に説明されていた。


DSC06628.JPG


DSC06633.JPG


DSC06618.JPG


DSC06625.JPG


DSC06620.JPG


DSC06645.JPG


DSC06636.JPG


DSC06642.JPG


《わが贋作を出品》
今回の自分の出品作は、学生時代の作品の贋作である。
今は無き有楽町そごうで毎年催されていた大学美術クラブ(パレットクラブ)の絵画展に当時のアイドル桜田淳子の曲「この花は私です」と題してP12号の油絵を出品した。当時、某海運会社役員から譲ってほしい旨お話をいただいた。結局、吹っ掛けすぎており合わず売れなかった。貧乏学生だった自分は先輩の女性が、アトリエに残していったキャンバスに描いた絵で、額縁も買えなかったので木枠を額縁代わりに打ち付けた代物だった。題名が不真面目だともいわれたのを覚えている。その後、その絵は断捨離中、友人に譲り、すっかり忘れていたが、11月に開いた絵画展で、また、遠方の友人に「この花・・・」を所望され、贋作(リメイク版)を小品で作成してみた。やはり油絵とは違うけど。

DSC06613 (2)-G.JPG


《ちょっと手直しした》
上記の花の絵を手直ししてみた。

DSC06863.JPG



《原画 この花はわたしです》
21歳頃の作品か?人手に渡っているが、未だに人気がある

DSC09729.JPG



【参考】素人絵画の世界の入り口は以下です。

「幼女」を描いてみた。
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-10-31

絵画展 MEMORIES 盛会のうちに終了  [青春会]

2019年11月11日(月)~17日(日)まで、浦和彩光舎で開催されていた 絵画展 MEMORIES 「永遠」と「瞬間」の刹那は、盛会のうち終了した。
芳名帳ならぬクロッキー帳には6歳の少女を含め70名内外の方にご記名いただき、ご記名はなくとも通りすがりの人、中には犬を散歩中に見えられた方や七五三ついでの親子連れ、たくさんの子供たちも含めると優に100名を大きく超えた。期間中、きっと暇だからゴルフでも行くか、小説でも読むか、絵でも描こうと思っていたが杞憂に終わった。

《ご芳名帳》
_20191119_001132 (1) (002).jpg



会期中は懐かしき方々にお会いし、ただただ感謝。

ただし、

《青春会 相変わらず会場でも宴会など暴走!》
お達者テニスクラブは11月16日夕刻参集、会場でも宴会など暴走し、浦和の中華店のあとカラオケで、目的の名画鑑賞はどこえやら...

DSC06412.JPG


DSC06415.JPG


DSC06425.JPG


DSC06445.JPG




私たちは、見えるものでなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは過ぎ去るものであり見えないものは永遠に続くからである。~(聖書:コリント人への第二の手紙第4章18節)

Live in the past  ~ 絵画展 MEMORIES [素人絵画の世界]

2019年11月11日から17日まで浦和で催されている絵画展は初日準備中からお客様がお越しになり、地元の通りすがりの人も含め、切れ目なく盛況であった。

20191111_142603 (002).jpg



《特に評判の良い絵》
小学校3年1組の時の絵 ぞうさん

DSC06302.JPG



・水族館 小学校2年生の時のクレヨン画

DSC06301.JPG


・それぞれお好きな絵の前で写真を撮らせていただいた

ニースサレヤ市場など

DSC06283.JPG


DSC06282.JPG


DSC06287.JPG


《青春会からお花を頂戴した!》
お達者テニスクラブ青春会は、絵画展 MEMORIES 「永遠」と「瞬間」の刹那 に2段の立派なお花を送ってきた。当初正面にと考えていたようだが絵が隠れてしまうので、外から見える位置に急遽変更した。

DSC_0061.JPG


DSC_0062.JPG


《展示されていなかった絵が話題に》
東京都立新宿高校の大昔(昭和43年ころ?)のおんぼろ校舎の絵   
部室の裏 左側は昔予備校(4年生がいた)をやっていたらしい。

DSC09723.JPG


「幼女」を描いてみた。 [素人絵画の世界]

1959年ころなのだろうか?家内のかわいらしい頃の幼女の時の白黒写真を見つけた時、いつかは描こうと思っていました。出来は、ま、こんな感じですが、自分的には約束を果たしたような気分です。
なお、この絵は今度の11月11日(月曜日)~17日(日曜日)までの絵画展 “MEMORIES 「永遠」と「瞬間」の刹那”に出品します。ま、それがどうしたですが...  

DSC06184.JPG





【関連記事】
◆幼年の世界~クレヨン画みつけた
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02
◆油絵の記憶~素人の世界-断捨離中-その2 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05
◆65の手習い~絵画再開しました。
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-02
◆馬子にも衣装 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-07-17
◆ワンコを描く
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-11-23-1
◆所詮、絵空ごとですが…心は自由自在
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17
◆ニースサレヤ広場を描く~グワッシュ
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-04-10
◆イタリアのPortofino(ポルトフィーノ)を再び描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-05-27-1
◆海の彼方から音楽の聞こえるラヴェッロ(Ravello)ルフォロ荘(Villa Rufolo)を描いてみた 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-06-23
◆希望~父母の新婚時代
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-07-06
◆義父の愛娘を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-08-23
◆長岡の花火を描いてみた:The Nagaoka Festival Fireworks .
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-10-08
◆走る船の風景 Lago Maggiore ~マッジョーレ湖(Lago Maggiore)を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-11-15
◆1999年のTaormina Hotel Villa Ducaleからの風景を描いてみた。
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-12-31
◆南仏コートダジュールのエズ(Eze)を再び描く [素人絵画の世界
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-02-09
◆サボテン曼荼羅を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-03-19
◆台場沖で屋形船を眺める
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16
◆警戒する猫
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-05-14
◆鬼怒川ライン下りをドローンで?描く~橋の上から.. [素人絵画の世界]
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-23
◆浦和別所沼のwestie Pieechan 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-07-22
◆浦和 玉蔵院の枝垂れ桜を描く
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-09-25


静謐な雰囲気漂う「わかえだ会 三人展 10月25日~27日」に行ってみた。~YUJI出品 [パレットクラブ]

YUJIは、学生時代、某大学の美術クラブ(パレットクラブ)で一緒に活動していた。そのYUJIが、絵画展「わかえだ会 三人展 10月25日~27日」に油絵を出品しているのを見に、25日、新百合ヶ丘にある麻生市民ギャラリー(麻生市民会館内)に赴いた。同じく大学のパレットクラブの友人で永遠のボヘミアンことT海氏にご一緒いただいた。
YUJIは昭和50年大学を出るとお堅い官吏の仕事をずっと務めてきたが、役所をリタイアした後の2012年7月、突然銀座で個展を開いた。穏やかなで、まじめなYUJIの人柄をほうふつとさせるような、いい感じの個展だったと記憶している。生憎、その後、三人展のご案内いただいていたが、タイミングが合わず、行きそびれていた。
三人展の会の名前「わかえだ」は聖書からとった言葉だそうである。詳しいことは、自分にはわからないが、「神の霊がとどまる」若枝の意か、お三方や先生の作品はそのようなことが起こりそうな静謐な雰囲気に満ち溢れていた。

DSC06147.JPG


DSC06128.JPG


DSC06124.JPG


DSC06126.JPG


DSC_0043 (1).jpg


《先生とお二方の作品》
DSC06131.JPG


DSC06138.JPG


DSC06145.JPG


◎「わかえだ会3人展」  
期日:10月25日(金)~10月27日(日)
   10:00頃~17:00頃
場所:「麻生市民会館内ギャラリー」
   川崎市麻生区万福寺1-5-2 麻生区役所となり
http://www.city.kawasaki.jp/asao/category/112-11-1-1-0-0-0-0-0-0.html
   小田急線新百合ヶ丘駅北口より徒歩2分
   電話044-965-5310



《ボヘミアン T海氏》
ファッション自体が、作品だが、絵画制作は「寡作」で沈黙が続いているだけだ。

DSC_0045.jpg



◎自分が11月から計画している絵画展 “MEMORIES 「永遠」と「瞬間」の刹那(会期予定 11月11日(月)~17日(日))”も聖書の「コリント人への第二の手紙第4章18節」からインスピレーションをいただいているが、よく言えば童心、楽しむというより、ややいたずら心が過ぎて、静謐さのかけらもない。ウーム….ブヘ

◆絵画展を開催 MEMORIES 「永遠」と「瞬間」の刹那 2019年11月11日(月)~17日(日) 
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-10-12

【関連記事】
パレットクラブ
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303609383-1

■うだるような暑さの中、YUJIの個展に行った 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-07-28

■『シネマ・バロック Cinema Baroque』 成田尚哉Narita Naoya collage展』に行った。
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-07-02

◆成田尚哉 Collage展 シネマバロック 〜Moonlight Theatre〜2018年7月20日(金)〜7月28日(土)に行ってみた 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-07-21

◆成田尚哉Narita naoyaのCollage展『バロック26・Baroque26』に行った~2019年9月27日(金)~10月5日(土)
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-09-27


「助役」制度導入!効果出ず、「シンピン」ばかり目立つ~2019年10月5日(土)~6日(日)秋季合宿2年ぶりの開催 [青春会]

昨年9月30日に予定されていた青春会秋季合宿は、大型台風の到来で中止となった。同会始まって以来だが、Y岸会長も断腸の思いで決断したのであった。
そして、今年、2019年10月5日~6日に開催の秋季合宿も、またもや台風がウロチョロする中予定通り挙行、快晴に恵まれたが、女子には恵まれず「ウーン・マンダム」な合宿となり、M成幹事長改めM成助役の言う「セクシーな青春会」とは程遠い惨状であった。.

DSC05971.JPG

 
《幹事長改め青春会「助役」シンピンばかりで金貨撒かず》
動向が注目されていたのはK電力問題で話題になった「助役」だが、青春会でも、会の活性化をはかるべく同会幹事長の肩書を「助役」に変更することとしたが、一向に金貨などばらまかれなかった。むしろ宴会中に相変わらずの問題行動や問題発言からラグビーワールドカップで話題になったシンピン(危険なプレーなどにより、 自ら、一時的に試合から離れることを命じるルール)を何度も宣告され、腕たて伏せを繰りかえす始末だった。

《深刻な表情でテニス人口減少を憂えるS我氏とシンピンを繰り返すM成助役》

DSC06003.JPG


今回の合宿第一陣で、軽井沢現地に到着したのはS我カラオケ部長一行だった。しかし、コートはラインが土に埋もれているなど長らく使用した形跡がなく状態を戻すのに時間を要した。一方、テニス民宿を予約するのは難しいのが実情である。実態は、テニス人口の減少もあるが、企業の研修などで全室抑えられてしまうためである。
対応策を模索するが、近所の東急ハーヴエストなどを利用するわけにもいかず、土浦移転運動も影を潜めているため、しばらくは合宿開催については青春会も迷走が続く見込みである。

一応テニスもやってます....


DSC05954.JPG


DSC05955.JPG

 
【関連記事】
◆「あのコーチは駄目。私なら100倍教えられる」と歴史の男Y岸会長~相次いでパワハラか!
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-09-01
◆M成コーチを解任か!~平成31年2月17日新年会欠席で、Y岸会長の逆鱗に? 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-02-17
◆夏季合宿2019(新元号で初)6月1日(土)-2日(日)に決定!~強大な権力集中のY岸会長に暗雲!
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-03-30
◆「闇コーチ営業」問題に揺れる青春会!ラグビーワールドカップ期間中に軽井沢で2019年秋季合宿開催! 
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-09-01
◆青春会ポイント還元合宿開催!~2019年10月5日~6日
https://sodaxpiee.blog.ss-blog.jp/2019-10-01

※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません 



前の10件 | -